スタッフ

脚本:江戸川崇(カラスカ)

2002年、劇団カラスカを立ち上げ。
以降、劇団公演、プロデュース公演を問わず数々の舞台の脚本・演出を務める。
代表作に、映画「帰ってきたバスジャック」脚本、舞台「虚ろの姫と害獣の森」、舞台「ら・ら・ら・ららんど〜天使っぽい君へラブソングを〜」脚本・演出。

演出:樋口夢祈

1984年12月22日生まれ
15歳から演劇を始め、同年春千葉県演劇大会にて新人賞を受賞。
高校卒業と同時にプロの道へ。俳優としての代表作に舞台「ローズガンズデイズ」アルフレッド赤城役、舞台「STORM LOVER」酉水司役、舞台「銀河英雄伝説 自由惑星同盟篇」アンドリュー・フォーク役、ドラマ「戦国BASARA MOONLIGHT PARTY」明智光秀役、映画「ガチバンスプレマシー1・2」等がある。
演出家として䛿2010年より商業演劇の演出を手がけ始め、自らの経験や知識を活かし、エンターテイメント性を重視した華やかな作品から、役者の芝居力を引き出したコアな作品まで、幅広くその作品のテーマに沿った演出をする。近年、演出家としてもファンを増やしており、これからの活躍が期待されている。また、本作で初の2.5次元作品の演出を行う。

プロデューサー:
ウネバサミ一輝(合同会社シザーブリッツ)
通崎千穂(SrotaStage)